映画祭スタッフ
  • Author:映画祭スタッフ
  • 横浜学生映画祭のスタッフで、言葉の力を信じるパートの人間です。
  • RSS
◇◆◇ 横濱学生映画祭 ◇◆◇
2006年9月22(金)~24日(土)に 横浜市情報文化センターホールで開催の 横濱学生映画祭のPR活動を兼ねた期間限定ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の私デビュー
 というわけでコンタクトにしてみました。チラシを置き終わった後、海の中で地平線を見るために10年以上お世話になったメガネくんに、だってお前、水中じゃ効果ないじゃんとなだめてコンタクトさんと初体面を迎えます。

 ええ、眼球をさわるんでか?眼球を?ありがとうって意味では、、そうですね。眼球ですもんね。
恐る恐る眼球に近寄る指、汗ばむ背中、叶わない夢、ちがう!叶わない夢なんてない!
B:まだ、そんな甘えた事言ってるのか。もっと現実を見ろ。
A:あんたはいつもそればっかりじゃないか!現実、現実!もう、うんざりだ!
B:お前はまだ何もわかってない。夢っていうのはいつだって現実の先にあるんだよ。
A:兄さん……

……と、なんとかコンタクトの装着完了。

……せ、世界が広がる。なんて楽なんだ、見えるとこと、見えないとこの境界線がないぞ!快適!しかし、思ってみれば映画というのは境界線だらけ、物理的にもカメラがとれる範囲は決まってるし、時間的にも一定時間に収めるために時間軸をぶつぎりにする。いわば小さい、小さいメガネから景色を見るようなもの。小さなメガネでものを見ようとすればさぞかし見づらいだろう、しかし映画という小さなメガネは境界線と境界線を繋ぎより美しい景色を見せる力をもっています。その景色は映画を作った人の心を映し出します、そしてそれを通して今までの自分というものが見えてきます。
自分探しの旅も良いですが、横浜でも自分を探せますよ。

え?次はコンタクトをはずす練習ですか?……はい。が、眼球をつまむ様にですか?!眼球をですよね?眼球を?ありがとうって意味じゃないですよね?そうですよね、サンキューじゃないですもんね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
β-クリプトキサンチンでばっちりダイエット
植物や動物に含まれる赤や黄、オレンジ色の色素成分カロテノイドの一つ http://fading3.sabellsenterprises.com/
【2008/11/22 00:08】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toartoar.blog53.fc2.com/tb.php/14-813d0deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現実を見ろ理想を追え

先日、ダイエット食品販売や不動産なども複数の会社を経営している女性社長と会食した。彼女は、離婚した年にひとりで起業し、今では豪邸に住む勝ち組だ。その社長の悩みは、後継者。外資系大手メーカに勤めていた長男を自社の社員にして”再”教育中とのこと。”再”教育中 堀田信弘のリーダー養成塾 HottaWorld::「活・喝・勝」【2006/10/23 09:42】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。